ハクビシン駆除を行なうのに効果的な方法を知っておこう

プロに作業を依頼しよう

白鼻芯

ハクビシンはジャコウネコ科という生物の一種です。以前は、山林などの自然環境に多く生息していました。しかし、最近になって都会でもたくさんのハクビシンが生息するようになっているのです。都会に定着したハクビシンは、食料を求めて人間の家に侵入することが多いです。雑食性で何でも食べますので、キッチンや冷蔵庫にある食材を食べてしまったり、生ごみを漁って散らかしてしまったりといった問題を起こしがちなのです。このような食材の被害だけでなく、住宅に巣を作って繁殖を行なうことも問題となっています。住宅の屋根裏や床下などは暖かいこともあり、冬などに巣を作る場所として絶好の環境となっているのです。巣を作られてしまうと、騒音や糞尿による悪臭の被害をもたらします。夜行性なので、人が眠りについている時間帯に活動を始めます。動きも活発なので騒音で眠れないという悩みを持つ人が数多くいるのです。また、ハクビシンは糞尿も異様な臭いを放ちます。巣を作ることで、その場所にどんどん糞尿を繰り返していきます。それが続くと臭いが染み付いてしまうので、とても快適に暮らせる環境ではなくなるのです。

ハクビシン駆除の作業は、自分で行なうよりもプロにお願いすることをおすすめします。自分で行なうと、うまく捕まえられないケースが非常に多いのです。動きも他の動物に比べて早くて小さい体をしているため、捕まえにくいといえます。捕獲するには、それなりの技術が必要になりますので、ハクビシン駆除の専門業者に依頼したほうがいいでしょう。ハクビシン駆除の方法としては、捕獲器を使用して捕まえる方法と忌避剤などを利用して追い出しを行なう方法などがあります。捕獲器で捕まえられない場合は、特殊な臭いを発する忌避剤を巣や発生場所に設置してそこから追い出します。ハクビシンは非常に臭いに敏感です。特にニンニクや石油など臭いが苦手なので、その臭いを放つ薬剤を設置しておくと、逃げ出していくでしょう。ハクビシン駆除の作業は、主にこの二つのパターンで行なっていきます。