ハクビシン駆除を行なうのに効果的な方法を知っておこう

近年増えている害獣

住宅

ハクビシンとは、哺乳類の仲間で雑食性の動物です。細長い形状をしているのが特徴で、とても高い運動能力を持っています。主に東南アジアや中国などに多く生息していますが、最近では日本にも数多くのハクビシンが生息するようになってきています。雑食性の動物なので、何でも食べてしまうことから様々な被害を及ぼしています。都会でも増えきているので、人が暮らす住宅に侵入して食料を漁ったり、畑の農作物を勝手に取ってしまったりといったことが問題となっています。ハクビシンは何でも食べますが、その中でも特に甘い果物が大好きです。果物を栽培している畑を荒らしたり、生ごみなどを散らかしてしまったりといったトラブルを起こすのです。そのような被害を起こさないためにも、ハクビシン駆除の対策をしておくことが大事なのです。

ハクビシン駆除をするには、自分で行なうよりも駆除業者のほうに依頼するといいです。ハクビシン駆除の業者では、的確に捕獲を行なってくれます。ハクビシンの大好きな果物などを罠の付近に設置しておくと、臭いにつられてやってくる可能性が高いです。捕獲器という専用の器具もありますので、その器具を巣や良く出没する場所に置いておくと引っかかることが多いです。確実に捕獲するには、このような方法で進めていくといいでしょう。また、野生のハクビシンを自分で捕まえてしまうと、鳥獣保護法という法律に違反してしまう恐れがあります。そのため、きちんと許可を得ている業者にハクビシン駆除を依頼したほうがいいのです。専門のハクビシン駆除業者だと、被害状況をしっかり把握してきちんと捕獲してくれます。そのままにしておくと、部屋を荒らされるだけでなく、人体に被害を加えられる可能性も出てきます。早急にハクビシン駆除を行なっておくことが大事なのです。